ナトリウムや能動往来などについて勉強した

細胞について稽古しました。膨圧は水が浸透して細胞の体格が増すほど高くなり、細胞は十分にニュアンスの入ったタイヤのように硬くなります。こんなときの植物細胞をストレスといいます。膨圧が掛かるため植物細胞は一定の特徴を持ち、ひいては植物体全体の形式を維持することができます。しおれた植物に水を送ると回復するのは、この状態になったからだ。仮に、細胞が受動流通だけを行うとすると、細胞膜を通行こなせる細胞内外の物質の濃度は差が小さくなるはずです。しかし、ヒトの赤血球と血しょうに含まれているナトリウム(Na)とカリウム(K)の濃度を比較すると、大きな変形があります。これは、細胞膜を通してナトリウムを外部に醸し出し、カリウムをインナーに取り込んでいるからだ。このように細胞膜が濃度誤差に逆らい、エネルギーを使って積極的に物質を出し入れ講じるしくみを能動流通といいます。このことを覚えましたが、知らないことを知れて良かったです。http://xn--eckr4nmbze8571a9kv.xyz

近所の子供たちで水鉄砲で水遊びを売りました

急に暑くなってきて、子供たちから、「クラブ入りたいよ」との依頼が入りました。さすがに、いつのクラブもまだまだ開いていないし、住まいに起こるビニールクラブを現すにはまったく早すぎます。そんなことを考えていたら、近所のお友達の家でも同じ話題になったようで、近所の近辺が水鉄砲を引き出してきて、外部でマッチ始めました。確かに、水鉄砲くらいならきちんと濡れないし、リミットかなと見なし、我が家でも容認しました。うれしみたいに水鉄砲を抱えて行く子供たち。本格的な水遊びにならないように、一先ず父母も出ていって、監視することにしました。水鉄砲による水掛け合いっこなら、衣装は幾らかぬれますが(これから着替えは必要ですが)、カラダがびしょびしょ濡れることはありません。サッと傍子供たちがぞろぞろ集まってきて、水鉄砲による勝負が始まりました。凄い楽しそうだ。おまけに涼しげで心情が良し。本格的な夏になると、日射しが強くなりすぎて、外部マッチも難しくなりますが、夏場の初めの遅ればせのほうが、このマッチには時が良いのかもしれません。夏場を推測した感じで、面白く過ごしました。http://xn—-1euj1a3dvkke883y94wa.xyz