ナトリウムや能動往来などについて勉強した

細胞について稽古しました。膨圧は水が浸透して細胞の体格が増すほど高くなり、細胞は十分にニュアンスの入ったタイヤのように硬くなります。こんなときの植物細胞をストレスといいます。膨圧が掛かるため植物細胞は一定の特徴を持ち、ひいては植物体全体の形式を維持することができます。しおれた植物に水を送ると回復するのは、この状態になったからだ。仮に、細胞が受動流通だけを行うとすると、細胞膜を通行こなせる細胞内外の物質の濃度は差が小さくなるはずです。しかし、ヒトの赤血球と血しょうに含まれているナトリウム(Na)とカリウム(K)の濃度を比較すると、大きな変形があります。これは、細胞膜を通してナトリウムを外部に醸し出し、カリウムをインナーに取り込んでいるからだ。このように細胞膜が濃度誤差に逆らい、エネルギーを使って積極的に物質を出し入れ講じるしくみを能動流通といいます。このことを覚えましたが、知らないことを知れて良かったです。http://xn--eckr4nmbze8571a9kv.xyz