神社の大きなもみじの木を伐採で寂しがるみなさん

 昼、近所の神社からチェーンソーや、車両の声がしていました。最初は工事もしているのかな?としていたのですが、ふとその程を通った店舗、神社にあった大きなもみじの木を伐採していました。そのもみじの木は虫に食われたのか病気なのか、木の下の側に大きな盲点が開いていて腐りかけているような感じで、いつも通りかかるたびに恐ろしいなぁ、としていた店舗でした。
 その木は秋になると、葉がきれいな赤色になって夏場ごろには快適で涼しげな緑になり、見ると瞬間を感じさせてくれました。その木を処理されると分かりあたしは「へ〜そうか。ま、恐ろしいもんなぁ」という印象でした。
 だが、近所のおお爺さんたちは、「あそこの木どうなったの?切ってるの?なるほどぁ・・」「なんで切って仕舞うの?」と、至って無念そうでした。長期間住んでいる人たちにとっては街路のシンボルのようであったようだ。切った連絡は一気に周り中に広まっていました。私も長期間住んだら街路のものに憧れいれが強くなるのかなぁと思いました。ミュゼ 背中脱毛